ヨガを夜するならタイミングはいつ?


夜のヨガは寝る前の少しの時間で

夜ヨガは夜寝る前に
夜のヨガを行う場合には、注意したいのはタイミングです。

忙しい仕事や勉強の後、帰宅したあとは時間もあまりないし、疲れているからすぐに横になりたいものです。

そのため、できるだけ良いタイミングを作って、短時間で済ませることが必要となります。

夜のヨガの良いタイミングは、ご飯や入浴を済ませて、少し経った後の寝る前の時間です。

ヨガは内臓に負担がかかることもあるため、満腹の時や心拍数の上がっているときなどには行うことができません。

体に良いはずのヨガが体の負担になってしまうこともあります。

そのため、夜ヨガを行う場合には、帰宅したら早めにやるべきことを終えて、体の準備をする時間を十分にとってやることが必要です。

ヨガをした後も食事などには適していないので、寝る前が一番タイミングの良い時と言えそうです。

ヨガの効果を安全に高めるために

ヨガは体の筋肉をほぐしたり、内臓の働きを活発にしたりする効果が期待できます。

体のすみずみまで使って行うアーサナというポーズは、ゆっくりとした動作でできるため、体への負担は少ないように感じられますが、実は意外と体に大きな影響を与えるものです。

血行が良くなり、脳が活性化し、内臓の働きも元気になります。

アーサナによる体の動きは筋肉を動かし、内臓にも働きかけます。

そのため、食事をして消化器に食べ物がたくさん入っている時などに行うとそこに負担をかけてしまいます。

食後直ぐに行うことで、気持ちが悪くなったりすることもあります。

また、血行が促進されるため、入浴などで体が温まり、心臓が活発になっている時に行うことで、過剰に心臓に負担をかけることにもなります。

夜のヨガではリラックス効果を得たいため、特に内臓や心臓に激しい負担をかける必要がありません。

夜のヨガで疲れすぎると、次の朝に疲れを残してしまうことにもなります。
リラックス効果のためのヨガで次の日に疲れを残してしまっては本末転倒です。

適度な刺激や負荷をかけるためにも、良い体内環境を整えてから行うことは大切なことなのです。

夜のヨガと朝のヨガ

夜ヨガと朝ヨガ
夜のヨガは、忙しい人にも時間の確保がしやすく、ヨガスクールやスタジオでも通いやすい時間帯で行われております。

そのため、人気の高いヨガとなっており、夜にヨガを行う人は増えてきています。

また、夜寝る前に自宅で行うことで、リラックスした状態を保ったままで就寝することができるため、疲れを癒したい人にも向いています。

自分のタイミングで行えるため、時間のない朝のヨガよりも安心して始められることも人気のポイントです。

朝は、ヨガを行うタイミングとしては最も適していると言われています。

起きたばかりの体は空腹で体の状態も落ち着いているため、安全性も高く、目覚めの効果を得るためにヨガを行うことで一日の活力を得られるためです。

しかし、忙しい朝の時間にしっかりと時間を取ることや集中力を高めることは難しいこともあります。
こうした状況の難しさもあって、朝のヨガは現代人にはつらいこともあるのです。

また、夜のヨガの目的はリラックスと疲れの癒しです。

夜疲れを癒して眠りにつくことで、朝の目覚めも良くなり、朝を快適に迎えることができます。

夜のヨガはタイミングと体調を見ながら

夜のヨガを行う時のポイントとしては、時間を作って良いタイミングで行うということがあります。

忙しさで夜の時間も十分に持てない人も、ヨガを行うタイミングを作るためにスケジュールをコントロールしてみましょう。

ヨガのために自分で時間をコントロールしてゆとりのある生活を心がけることも、ヨガの精神のひとつです。

周りに流されて忙しさに追われていると感じたら、時間をコントロールしてみましょう。

夜のヨガを行う時には、次の点に注意して時間のコントロールをしてみます。

朝に仕事を入れて朝型になる

ヨガは食後や入浴後すぐには行えません。

帰宅後の時間をたっぷり取るために、朝から午前中に仕事や勉強を集中させて、朝型の生活を心がけましょう。

規則正しい寝起きと日中の活動によって自律神経にも良い効果が現れるでしょう。

帰宅後早めに食事と入浴を

帰宅したら早めに食事や入浴を済ませます。

食事時間から2時間程度空けることで、ヨガにも就寝にも良い影響があります。

夜のヨガは短時間で

ヨガの体への影響は大きいものです。

夜のヨガを過剰に行うことで反対に疲れが出ることがあります。

(まとめ)ヨガを夜するならタイミングはいつ?

1.夜のヨガは寝る前の少しの時間で

夜のヨガは食事や入浴を終えて体が落ち着きを取り戻した寝る前が良いタイミングとなります。

ヨガは内臓に負担をかけることがあるので、満腹の時などは避けて行いましょう。

2.ヨガの効果を安全に高めるために

ヨガはアーサナによって筋肉や内臓に働きかけます。

その影響は意外に大きく、食事のすぐ後や入浴後すぐに行うことで体に負担をかけることもあります。

夜体に負担を与えることで次の日に疲れを残すこともあるため注意が必要です。

3.夜のヨガと朝のヨガ

夜のヨガは朝のヨガに比較して、行いやすい環境です。

朝のヨガは効果はもっとも良いとされていますが、忙しい現代人には向いていないこともあります。

時間を作りやすく、リラックス効果を得られる夜のヨガは誰でも始めやすいものなのです。

4.夜のヨガはタイミングと体調を見ながら

夜のヨガのタイミングは、自分の時間のコントロールをすることで作ります。

ヨガに適した環境を作るためにスケジュールを自分で管理して、体に良い生活を作ることもヨガの精神です。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る