夜寝る前のヨガは何に効果がある?


夜寝る前のヨガで最高の眠りを実現します

夜ヨガは最高の眠りに役立つ
夜寝る前にヨガを行うことは、疲れた自律神経を整えることによって質の高い眠りを実現します。

ストレスや心配事、高ぶった気持ちがあると、人は眠りにつきにくくなるものです。

昼間の喧騒や忙しい仕事、勉強などに追われていたことによって心身は疲れ、自律神経も高ぶっています。

夜寝る前のヨガは、こうした状態を和らげて、リラックスさせることで、眠りにつく準備を心と体にさせることができるのです。

夜寝る前であれば、夕食や入浴を済ませており、ヨガをする態勢も整っています。

体の負担も少ない、ちょうど良い体内環境で行うことができます。

夜寝る前に心を空っぽにすることができれば、寝る前に眠りを妨げる余計な心配事を一旦手放すことができるでしょう。

夜寝る前に心と体のリセットを

寝つきが悪い、眠りが浅いという人は、心に心配事や大きなストレスを抱えていることが多いものです。

寝る前にいろいろな心配事を思い出してしまうことで、スムーズに眠りにつくことができません。

心配事を思い出して、不安やストレスを感じることは、脳や体を緊張させてしまいます。

その状態では、寝付きも悪くなりますし、眠りについても緊張状態が続くため、疲れが取れにくくなります。

こうした脳と体の緊張を解くために、ヨガが効くのです。

ヨガの効果としては、体を動かしてポーズを取ることで、体の動きに集中して心を空っぽにすることです。

体の動きや痛みを感じて、自分自身の内面を深く見つめることになります。

こうすることで、心から余計なことを取り除くことができて、リラックスすることができるのです。

寝る前にこうした心の状態を作ることによって、スムーズに就寝しやすい環境を整えることができるでしょう。

また、体を緩やかに動かすことで、適度に体がほぐれて血行も安定します。

夜寝る前のヨガの効果は呼吸にあり

夜ヨガに肝心な呼吸法とは?
夜寝る前にヨガをすることで、良い睡眠が取れるのは、ヨガの呼吸法が良い影響を与えるためです。
ヨガの呼吸法は深い腹式呼吸です。

腹式呼吸を行うことで、脳に酸素を送ることができるだけでなく、自律神経を整える効果が期待できます。

自律神経は、高ぶった状態である交感神経とリラックスした状態である副交感神経に分かれます。

この二つはそれぞれが状況に合ったタイミングで優位になって体を調整しています。

血圧や脳の活発な働き、内臓の動きなどを調整する役割を持っており、この二つがタイミング良く働かないと体は効率よく働くことができません。

夜寝る前に交感神経が優位になったままでは、体も脳も緊張状態になっており、深く眠ることができなくなってしまいます。

不安やストレスを抱えていると脳が緊張し、また脳が緊張して休まらなければ疲れで機能低下してしまいます。

こうなると脳はストレスを解消することもできなくなり、さらに交感神経が優位に立ち続けるという悪循環を迎えます。

こうした状況をリセットすることができるのが、夜のヨガです。
寝る前に心を空にして、深い呼吸によって副交感神経を優位にします。

副交感神経が優位になると、体も脳もリラックスし始めて、寝るための体内環境が整います。

夜寝る前にヨガを行うためのポイント

夜寝る前に行うヨガは短時間でも、良い効果を与えることができます。

毎日の習慣として寝る前にヨガの時間を確保することで、質の良い睡眠を作ることができ、また次の朝から活発に活動ができるようになるでしょう。

夜寝る前にヨガを行う際により効果的にヨガの影響を受けられるためのポイントを見ていきましょう。

ご飯もお風呂も済ませたあとで

ヨガを行う際には、満腹ではいけないとされています。
そのため、帰宅して食事をしたすぐ後に行うことはできません。

忙しく働く人たちにとっては、夜の時間は少ないものですが、食事のすぐ後には行わないようにします。

そのためにも、帰宅後のタイムスケジュールを寝る前のヨガに合わせて、調整したいものです。

また、飲酒も避けましょう。
入浴も早めに済ませておきます。
入浴後すぐは心臓に負担となり、危険です。

夜寝る前のヨガはポーズを選んで

ヨガのポーズには、体を覚醒させるためのものもあります。
寝る前のヨガでは、こうしたポーズを避けて、リラックス効果のあるものを選びます。

リラックスできるポーズとしては、「子犬のポーズ」や「子供のポーズ」、「三日月のポーズ」などがあります。

体力を使わず、大きな負担もなく体を適度にほぐしてくれます。

デスクワークのコリもほぐすことができ、足のむくみも解消できるため、心地よく眠れそうです。

夜のヨガは短時間でカンタンにできるポーズでも十分にリラックスできるので、続けやすいものです。

時間に追われず、寝る前のひと時をゆったりと過ごしましょう。

(まとめ)夜寝る前のヨガは何に効果がある?

1.夜寝る前のヨガで最高の眠りを

夜寝る前のヨガは質の高い眠りのために効果的です。

ヨガには自律神経を整える働きがあり、寝る前に昼間の忙しさや心配事から自らを開放して、リラックスすることができます。

2.夜寝る前に心と体のリセットを

ヨガの効果は心の中を空っぽにして、寝る前につい考えてしまう心配事を一旦なくすことにあります。

心と体の緊張をほぐすことができて、スムーズに眠りにつける環境を整えることで良い眠りが訪れます。

3.夜寝る前のヨガの効果は呼吸にあり

夜寝る前のヨガは緊張状態にある自律神経をリラックスさせることが期待できます。

心を空にして深い呼吸をすることで、体の働きを調整する自律神経を整えて、体が寝る態勢を作ることが出来るのです。

4.夜寝る前にヨガを行うためのポイント

夜寝る前に行うヨガは、短時間でもリラックス効果が十分に得られます。

帰宅後のタイムスケジュールに組み込んで、一日の疲れを癒す毎日のリラックスタイムとして楽しみましょう。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る