ヨガで行う夜の瞑想の効果とは?


夜のヨガの瞑想で高いリラックスと明日への活力を

夜ヨガの瞑想で明日への活力を
ヨガの瞑想は、自分の体へと意識を向けて、体の声を聞く為に行います。

「あるがままの自分」をそのまま受け入れていくことができるようになり、冷静に自分を見つめ直すことができます。

また、呼吸法を行うことで、緊張した体をリラックスさせて、ストレスの溜まった心を解放していきます。

ヨガの瞑想を夜行うことで、一日の出来事を冷静に見つめなおすことができ、また、一日の疲れと緊張をほぐす効果が期待できます。

夜のヨガの瞑想の後はリラックスして過ごし、そのまま心地よい睡眠へとつなげていくことで、明日への活力を養うことができるでしょう。

ヨガの瞑想の効果とは

ヨガの瞑想とは、集中力アップや心身の癒しに効果があると言われています。

毎日の忙しい日常では、私たちの心身は緊張やストレスにさらされ、さまざまなことに気を配り、影響を受けています。

また、自分のことに目を向けることもなく、その場その場のシーンで慌ただしく時を過ごします。

そういった日常の喧騒から離れて、自分自身のことに集中することによって、シンプルに自分自身を受け入れるために瞑想が行われます。

ヨガではさまざまなアーサナと呼ばれているポーズを取り、それをもとにして痛みや体の動きなどにフォーカスしていきます。

ゆっくりとした動きの中で行うことで、自分自身の体に注意深くなることができるのです。

他のエクササイズやトレーニングでは、体を動かすことが目的となってしまいます。

体を動かすことはダイエットや健康法となりますが、心の働きに目を向けることはありません。

ヨガでは自分自身の体と向き合うことを本質としており、体の動きに心を集中させることで集中力をアップさせて心をシンプルにさせてくれます。

激しいエクササイズでは、夜寝る前に行うと体が目覚めてしまいますが、ヨガではそういったこともなく、リラックスすることができます。

夜に行うリラックスできるヨガ

夜ヨガでリラックス効果
夜のヨガの瞑想ではその日一日のストレスや疲れをリセットして、心身ともにリラックスした状態で次の日を迎えられるというメリットがあります。

ヨガの瞑想において必要な静けさも得やすい環境で、瞑想にもっとも適した時間帯と言えそうです。

仕事や勉強などで忙しい毎日の締めくくりとして、心と体のに溜まった疲れを癒します。

瞑想の仕方のポイントとしては、以下のような点に注意して行いましょう。

正しいポーズと姿勢

ヨガでは正しいポーズ(アーサナ)を保つことによって体のどこが痛むかを知ることができます。

それによって自分の体を知り、より良い姿勢を保つことに専念します。

これに集中することで、余計な考えを取り去って頭をスッキリさせることができるでしょう。

呼吸法を正しく

深く息を吸い、吐くことで体を落ち着かせることができます。

心と体はつながっているため、体の落ち着きによって心の安定を図ることができるでしょう。

「片鼻呼吸法」というヨガ特有の呼吸法には、夜眠れない時に心と頭を落ち着かせてくれるものもあります。

自律神経をリラックスさせて

ヨガの瞑想は、自律神経に影響を与えて、良い効果を与えます。

自律神経は交感神経と副交感神経に分かれており、人間の体内のリズムを整える働きをしています。

ヨガの瞑想によって自律神経を整えることで、体内リズムを整えて夜の睡眠に体を合わせることができるのです。

自律神経を効果的に改善するために呼吸は大きな影響を与えるものです。

ヨガの瞑想では腹式呼吸が重視されていて、自然にゆっくりとしたリズムの呼吸を行います。

これを行うことで、自律神経のうち副交感神経を優位にしてくれます。

副交感神経はリラックス時に出てくるものであり、睡眠にも良い影響を与えます。

一般的に、忙しく働き、ストレスを抱えた現代人にとって、自律神経の乱れは交感神経の優位が続いている状態が多いものです。

夜眠れないような時には、交感神経が優位となり、心身が高ぶっている状態です。

そのため、ヨガの瞑想によって副交感神経を優位にすることで、心身をリラックスさせることが必要となります。

夜に瞑想を行うことで副交感神経が優位になると寝つきがよくなり、深い睡眠を作ることができるのです。

(まとめ)ヨガで行う夜の瞑想の効果とは?

1.夜のヨガの瞑想で高いリラックスと明日への活力を

夜のヨガの瞑想は心身をリラックスさせて、一日を振り返ることができます。

一日の活動で体に溜まった緊張や疲れを癒すことで心地よい睡眠を得て、明日への活力を養います。

2.ヨガの瞑想の効果とは

ヨガでは他のエクササイズと違って、体を動かすということだけでなく、心にもアプローチすることができます。

夜行っても体が目覚めてしまうこともなく、リラックス効果を得られます。

3.夜に行うリラックスできるヨガ

夜に行うヨガの瞑想は一日の締めくくりとして、ストレスや疲れをリセットしてリラックスする効果が期待できます。

正しい方法で心身の安定と落ち着きを取り戻して、余計な考えをなくしてみましょう。

呼吸法にも眠りにつきやすくするものがあります。

4.自律神経をリラックスさせて

ヨガの瞑想は自律神経を整えることができるため、睡眠に良い影響を与えます。

ヨガの呼吸によって副交感神経を優位にすることで、リラックスした状態を作り、良い睡眠をとることができるのです。


簡単3ステップ!ヨガプラスの体験レッスン

ヨガプラスが選ばれる3つの理由
会社帰りやショッピングのついでに通える「全国18店舗」のヨガ専門スタジオ
目的やレベルに合わせたクラスを提案!プロによる丁寧なレッスン
レッスン予約はスマホ・PC・電話で簡単予約!まずは体験レッスンで!


関連記事

ページ上部へ戻る